札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/09/12

円山裏参道公園はどうして生まれたか

 9月16日の円山ポルト周辺地域探訪の資料を、なんとか作り上げました。A4判で引用図版も含め11ページです。入手ご希望の方は、当日ポルト(北翔大学北方圏学術情報センター)へお越しください。中央区南1条西22丁目1-1、午前10時集合。
 資料には「円山地区の地理・地誌・地形を読み解く」と銘打ちました。銘打ったものの、円山地区の地誌にもかかわらず、円山、北海道神宮、円山公園、裏参道といった重要なポイントをすべて外しました。札幌の円山と聞いて普通イメージする場所に触れていません。「看板に偽りあり」ですが、独自の視点ということでお許しいただきましょう。

 南2条西20丁目に「円山裏参道公園」という街区公園があります。
円山裏参道公園
 元は「三角公園」と呼ばれていました。

 近年整備されて、名前が変わりました。画像右方、車止めのあるところを元はナナメに車道が通っていて、三角形の平面でしたが、車道部分が公園用地に含められ、三角形ではなくなったのです。「円山裏参道公園」に変わったのですが、公園名を刻したオブジェ?に三角形当時の記憶が遺されています。

 三角形のころからもともと公園だと私は思っていたのですが、当時はあくまでも道路敷地だったと最近知りました。公園化の整備に携わった造園家のSさんに教えていただきました。三角公園はあくまでも通称だったのです。
 当時の様子は下記札幌市サイトをご参照ください。
 ↓
http://www.city.sapporo.jp/ryokuka/keikaku/sankaku/sankaku.html

 ではなんで、こういう存在が生まれたか。
 まず、現在図から場所を探ります。
三角公園周辺 現在図
 現在図といっても2012年の地図(札幌市中央区役所「中央区ガイド」から抜粋)なので、当該地点はまだ三角のカタチです。「西20丁目広場」という名前が付いています。三角公園は地図にでも出てこない俗称だったのですね(末注)。

 地理的な特異点であることが窺われます。
 黄色でなぞったのが南1条通です(西20丁目以西は裏参道)。西19丁目と20丁目を境にして、クランクしています。この道は、北側の橙色でなぞった細いのが旧道です。つまりこのあたりでもともとゆるやかに折れ曲がっていたのですね。南1条通は、札幌市の碁盤目状街区ができる前からあった古道なので、こういう折れ曲がりはむしろ自然だったのでしょう。碁盤目化とともに、クランクが顕在化したものと思われます。

 赤い線でなぞったのは、明治中ごろまでの区村界です。
 画像右上(北東)が旧札幌区、右下〈南東)が旧山鼻村、左方(西)が旧円山村です。札幌区と円山村の区村界も、ここでクランクしています。現在は西20丁目通が南北をまっすぐ通じていますが、当時はこの部分、つまり南2条あたりはまだ通じていませんでした。

 それが判る古図を見ます。
大正5年地形図 南2西20周辺
 大正5年地形図からの抜粋です。この時点で山鼻村の部分は札幌区に合併されましたので、区村界の赤い線は南北にのみ引かれています。しかし、この部分はクランクしています。道自体がクランクしているのです。なお、円山村は、「藻岩村」に変わっています。

 もう一枚、古地図を見ます。
昭和18年札幌市街案内図 南2西20周辺
 富貴堂発行「最新 札幌市街案内図」1943(昭和18)年から抜粋しました。藻岩村は1938(昭和13)年に円山町となり、1941(昭和16)年に札幌市と合併していますので、この時点でもう境界線はありません。が、現在の西20丁目通に相当する道はまだ、クランクしたままです。のちに三角公園となる部分の‘島’が、四角形で出現しています(黄色の▲の先)。

 余談ながら、旧札幌区の碁盤目状の街区が旧山鼻村との間でずれているのはよく知られるところ、旧藻岩村(旧円山町)と旧札幌区(旧札幌市)は一致しています。これは大正末から昭和初期にかけて藻岩村(大字円山)で実施された「道路網整備事業」が、札幌市の碁盤目に合わせると明確に位置づけられたためです。結果、旧藻岩村と旧山鼻村の碁盤目もずれることとなり、前掲現在図で示したように今の街区にそのまま引き継がれています。ちなみに、旧山鼻村域の南4条以南では西18丁目ですが、西20丁目通をはさんで隣接する西側の旧藻岩村の街区は西20丁目です。「西19丁目」が消えます。
 
 とまれかくまれ、冒頭画像に載せた三角公園あらため円山裏参道公園は、南1条通と西20丁目通という東西南北二つの道の複合クランクの副産物という印象を強く抱きました。

 注:地下鉄西18丁目駅にある案内地図には「三角公園」と書かれている。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR