札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/09/03

江別 北海道林木育種場 旧庁舎

 さわやかな秋晴れの下、江別の「北海道林木育種場(旧林業試験場) 旧庁舎」を見学してきました。
林木育種場 旧庁舎
 江別市郷土資料館主催の「再発見・江別探訪 バスでめぐる先史時代の遺跡」という行事に参加した一環です。

 といっても、この庁舎自体は先史遺跡と直接関係はないのですが、今回おもに江別市西部の遺跡を巡った行程上にあり、休憩を兼ねて立ち寄りました。登録有形文化財で、現在、江別市が管理しています。  

 いただいた江別市教委のリーフレットによると、建物は1927(昭和2)年の築です。1階は煉瓦造、2階は木造という混構造であることを初めて知りました。
 
 興味深いのは2階の外壁に化粧材が貼られていることです。
林木育種場 旧庁舎 ファサード
 今、私は「化粧材」と記しましたが、リーフレットには次のように説明されています(引用太字)。
 建築方法/ハーフテンバー(柱、梁、筋交等の軸組を全部組み立ててから、その間にセメントや石を詰め込んで壁をつくる建築法)を基調とした、当時としては斬新な洋風近代建築物です。

 ハーフテ(ィ)ンバー half timber というのは、ここに書かれているとおり、軸組すなわち構造材です。私は構造材ではなく、化粧材のように(つまりハーフティンバー、に)見えたのですが、さてどうでしょうか。
 いずれにせよ、林業試験場という出自のせいか、木材を生かしたのだなあという印象を受けました。正面玄関屋根の破風に貼ってあるのは、柾目の板のように見えます。

 ふだんは非公開という2階も、見せていただきました。
林木育種場旧庁舎 2階室内
 腰壁板や窓枠、鴨居の木材もまた、林業試験場ならではのふんだん感です。

 かと思うと、階段廻りは…
林木育種場旧庁舎 階段廻り
 親柱や手すりは、研出し人造石という技法でしょうか。

 手すりの端っこには…。
林木育種場 階段廻り 2階
 これも化粧材なのか、意味がよく判らないのですが、凝ってます。

 本件建物も含め、ガラス工芸館(旧石田宅)といい、旧町村牧場といい、旧岡田倉庫(ここは河川改修で危ういが)、旧ヒダ工場(エブリ)といい、江別市は歴史的建物の保存に積極的に取り組んでいるなあとあらためて思いました(札幌が積極的でない、というわけではありませんが)。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR