札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2017/09/01

連隊通り 補遺

 8月21日ブログに読者の方から、栄通のTさん宅近隣の町名表示板についてコメントをいただきました。この表示板については私も、2015.4.1ブログで紹介しました。木造アパートに付設された古い物置に貼られていた古い表示板です。コメントに「物置自体がなくなったらしいと噂で聞いたのですが…だとしたらちょっと残念です」とありましたので、現地を確認してきました。

 物置も表示板も健在でした。
白石町栄通の町名表示板
 ひとまず安堵です。

 なお、コメントによると、連隊通り側のコンクリートブロック塀にも古い表示板が貼られていたのですが、昨年なくなったとのことです。そちらも確かめたところ、たしかになくなっていました。
 この物件を私は、2015年3月に撮ってました。 
白石町栄通 古い町名表示板 連隊通り
 在りし日を偲んで載せておきます。

 ところで、前掲の健在なほうの表示板で、気づいたことがあります。地元の方には当たり前すぎるので、「気づいた」というのはおこがましいのですが、「白石町栄通2丁目」と書かれた下に「白石中央病院」とあります。だいぶ退色していますが、うっすらと読めます。この表示板のスポンサーと思われます。ちなみに、この表示板の隣には「オヤコわた 白崎ふとん店」の広告看板が貼られています。
 白石中央病院と白崎ふとん店というのが、ここで初めて見たとき一瞬、意外だったのです。しかし、このたびあらためて思い直しました。そうだ、連隊通りではないか、と。不明を恥じます。

 現在図(白石区役所「白石区ガイド」から抜粋)で確認しておきます。
白石区現在図 連隊通り
 黄色の線でなぞったのが連隊通りです。本件表示板看板の所在地に赤い★を付けました。そして白石中央病院とオヤコわた白崎ふとん店の位置をそれぞれ赤と橙色の●で示しました。距離にして約1.8㎞ですが、ほぼ道一本で直線的に通じています。

 白崎ふとん店そのものも、確認してきました。
オヤコわた 白崎ふとん店
 こちらも「オヤコわた」の古そうな看板が健在です。

 煉瓦造の工場も。 
白崎ふとん店 煉瓦造工場
 喜田信代「札幌市における昭和期の煉瓦造建築」(『「新札幌市史」機関誌 札幌の歴史』第39号2000年)によると、1955(昭和30)年の築。

 白石区というと本通、南郷通、東北通と、東西(北西-南東)に通じる道路が中心というのが私の地理感覚でした。しかし、かつては(今も?)南北(北東-南西)が基軸でもあったのですね。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR