FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

2016/09/22

鴨々川ウォーキング 2016秋の編

 今日は「創成川・鴨々川 川めぐりウォーキング」でした。
 2016 秋編の第1回で、札幌市博物館活動センター学芸員のFさんのガイドにより、幌平橋から南1条まで歩きました。私は第2回のガイドを務めるので、今回はスタッフとして(というか、次回の準備を兼ねて)参加しました。
 実に刺激的で、知的好奇心をそそるツアーでした。さすがFさん。古地図と古写真を読み解きながら、札幌の自然と歴史の関わり合いが判りやすく語られました。とても敵いません。が、私も次回を引き受けた以上、感心してばかりではいられません。なんとかします。

 Fさんのご高察はおいおい本ブログで紹介させていただくとして、今回の行程では面白いモノを見ました。
 行啓通り、鴨々川の南14条橋です。
鴨々川 南14条橋 ホッチャレ
 参加者の一人が「サケがいる!」と見つけました。
 黄色の矢印の先、岸辺に一匹横たわっています。

 ホッチャレです。
鴨々川 南14条橋 ホッチャレ拡大
 Fさんも「鴨々川でサケを見たのは初めてだ」と驚いていました。

 鴨々川にサケが遡上!? 鴨々川の下流は創成川、さらにその下流は茨戸川で、石狩川に通じています。
 豊平川で生まれた稚魚が、大海の回遊を経て、戻ってくるのを間違えてしまったのか。まあ、中にはそういうオッチョコチョイなのもいるんだろうな。ホッチャレに親近感を覚えました。

 帰宅してから、気になって「札幌市豊平川サケ科学館」に問い合わせてみました。
 科学館の職員氏曰く「創成川を遡上してきたということも、ありえなくはないのですが、川を間違えるということはあまりないですからね…。この時期、豊平川の上流まで遡上してきていますから、産卵放精したあと、豊平川から鴨々川に入り込んだ可能性もありますね」と。
 精根尽き果て、朦朧としてまぎれこんだのか。お疲れ様でした。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック