FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2016/07/08

上野幌 Sさん旧宅

 昨日ブログで紹介したSさんの旧宅で有名なのは、こちらです。
上野幌 旧出納宅
 厚別区上野幌に遺ります。1925(大正14)年築。
 酪農を学んだデンマークから戻ってきたSさんの父母の住宅として建てられました。たぶん、岳父・宇都宮仙太郎が建てたものでしょう。三女のSさんは昭和の初め、ここで生まれます。
 Sさんによると、ここでは「酪農食」と呼ばれる洋食をはじめとするデンマーク式の暮らしでした。お米のご飯はお正月など特別なときにしかでなかったとのことです。
 Sさん一家は1937(昭和12)年までここで暮らし、その後宮の森へ移ります。宮の森にあった住宅は同年の築と思われます。上野幌のほうは「酪連」(末注)の所有となり、酪農を学ぶ実習生の宿舎として使われました。

 各部屋の床はすべて板貼りで、中央にペチカが置かれていました。
上野幌 出納宅 ペチカ
 札幌建築鑑賞会では2002年、ここで写生会を催したときに建物の内部を見学させていただきました。おそらく内部を見学できた最後の機会ではなかったかと思います。というのはそのころ、建物を所有していた雪印乳業は大揺れに揺れていて、その後この場所は一般の立入ができなくなったからです。

 この際、語弊(7月1日ブログ参照)を承知であえて言います。「この風景は、日本ではない」と。

 注:宇都宮らが作った北海道製酪販売組合連合会。この地でバターなど乳製品が作られた。のちに雪印乳業となる。

スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック