FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2016/07/07

宮の森 Sさん宅

 宮の森のSさんの住宅が、解体されていました。
宮の森 Sさん宅跡
 Sさんというのは、北海道酪農の礎を築いた宇都宮仙太郎の女婿で、デンマークの農法を普及させた方です。正確にいうと、そのSさんの娘さんがお住まいになっていました。

 Sさん宅の在りし日です。
宮の森 Sさん宅 2002年
 2002年に撮りました。一般にSさんの住宅というと厚別区上野幌にあるほうがよく知られています。宮の森のほうは取り上げられることがなかったようですが、たしか昭和戦前期の築だとSさんからうかがっていました。
 縦長の上げ下げ窓が戦前の気配を感じさせます。

 玄関まわりのアールデコな意匠にもモダニズムが感じられました。
宮の森 Sさん宅 玄関まわり
 これは2014年に撮りましたが、そのときすでにお住まいではないようでした。

 私がSさん宅を評価していた(という言い方はおこがましいが)のは、緑の多さです。
宮の森 Sさん宅 跡地 庭木
 Sさん宅があった中央区宮の森地区は、都市計画法によって「風致地区」に指定されています。風致地区内では、建物の建蔽率が低く規制されます。札幌市では「緑の保全と創出に関する条例」により、風致地区内の建物敷地には一定の率で緑化(樹木等を植える)するように定めています。
 Sさん宅は前掲の写真でも明らかなように、オンコの生垣などの緑が豊かに生い茂っていました。否、建物はなくなっても緑は遺っています。北海道は、生垣をめぐらすお屋敷はあまり多くないと思いますが、Sさん宅は見事でした。これはSさんが内地(あえてこのコトバを使う)のご出身だったからかもしれません(末注)。宮の森のこの界隈はいわゆる‘高級住宅街’で立派な大邸宅が多いのですが、私はSさん宅こそ風致地区にふさわしい一棟だったと思います。

 注:北海道の場合、冬場の雪の処理の問題があるので、生垣はなかなか難しいところではある。
スポンサーサイト



ホーム

Home

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック