FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 新型冠状病毒退散祈願

2020/02/28

朴沢家古写真から遺構に想いを寄せる

 昨日ブログの末尾に、古写真を載せました。「朴沢家資料」の1枚です。この写真には「豊平川鉄橋工事」という標題が付いています。写っているのは、函館本線の豊平川橋梁を架ける工事風景でしょう。

 私が気になったのは、この部分です。
朴沢家寄贈古写真 豊平川鉄橋工事 橋脚 拡大
 橋脚。
 煉瓦を主体として積み、隅角部に石材を廻しています。 

 これを観て、前に拙ブログで記した風景を思い出しました。
苗穂⑥
 2014年12月21日ブログに載せた画像です。「イギリス積み、焼き過ぎ煉瓦ですね。一部、花崗岩のような石が組み込まれています」と私は記しました。

 この煉瓦と石の遺物は豊平川左岸、JR豊平川橋梁の下流側たもとで見かけたものです。
 豊平川左岸 JR豊平川橋梁下流側たもと 遺構
 赤い矢印を付けた先に写ります(画像は2015年9月撮影)。

 豊平川橋梁のことは2014年12月25日ブログで続報しました。現橋梁の先代が1908(明治41)年、広井勇の設計により架けられたことなどです。古い写真も載せましたが、あまり鮮明ではありません。一方、このたびの古写真はかなり鮮明です。

 朴沢雄治は1900(明治32)年、伊藤亀太郎に招かれて来道し、旭川の第七師団の建築に携わりました。1905(明治35)年に建てられた偕行社(現旭川市彫刻美術館)の棟札に朴沢の名前が「大工」として載ります。その後、札幌を中心に名だたる建物を手がけていきました(末注)。朴沢家寄贈の冒頭古写真の撮影年代は記されていません。が、前述した先代国鉄豊平川橋梁の架橋年1908(明治41)年というのは、朴沢の活躍した時期と合います。古写真は、広井勇設計の1908年架橋を朴沢すなわち彼が属していた伊藤組が施工したことを物語っているように思えてきました。

 さて、そして前掲の煉瓦の残骸です。冒頭古写真と見較べると、私にはこれも1908年架橋の遺構に見えてきました。

 注:栃内和男「郷土史料小解」『「新札幌市史」機関誌 札幌の歴史』創刊号1981年、p.54、『伊藤組百年史』1998年、p.104、p.110
スポンサーサイト



2020/02/26

電柱「中沼幹」の謎 ⑥

 昨日ブログに続き、モエレ沼外周のバス路線に沿って歩いてます。

 ⑩の「中沼団地」停近くのお宅入口です(○数字については2月24日ブログ参照)。
中沼町 Oさん宅入口 馬車の車輪
 電柱は、昨日の「中沼会館」前と同じく「沼の端幹」。
 余談ながら、道路沿いの入口に置かれているオブジェ?が気になります。入口から100m余り奥まった先にあるお宅を尋ねてみました。この地で農業を営んできたお宅のいわばモニュメントだったのですが、仔細は機会をあらためます。

 外周を時計回りに南へ、⑪「沼の端」停にかかりました(バス停は画像中央)。 
「沼の端」停
 手前の電柱銘はやはり「沼の端」です。

 ⑫「中沼中央」停で折り返しました。
「中沼中央」停
 この近くの電柱も「沼の端」です。

 結局、⑨「中沼小学校通」からモエレ沼の南東⑫「中沼中央」に至る沿線の電柱銘は、「沼の端」でした。

2020/02/25

電柱「中沼幹」の謎 ⑤

 札幌建築鑑賞会通信『きー すとーん』第84号が発行されました。会員の方には先週、郵送されています。鑑賞会公式ブログに表紙ページを載せましたのでご覧ください。
 ↓
https://ameblo.jp/keystonesapporo/entry-12577750393.html

 昨日ブログに続き、電柱「中沼幹」をめぐる旅を彷徨っています。中央区北3条東9丁目で見つけた「中沼幹」が、東区中沼町でも確認できました。中央区では1本だけでしたが、中沼町では沿道に複数、立っています。昨日ブログに載せた中沼町一帯の現在図に付けた⑥から⑨にかけての沿線です。○数字はバス停の位置を示し、「中野幹線」という市道に沿っています。それ以外のバス停では、どのような電柱銘でしょうか。

 下掲は⑤のあたりで見た電柱です。 
電柱「北電第2鉄工幹」
 「北電第2鉄工幹」。
 ⑤は「丘珠鉄工団地」という停留所です。町名は「北丘珠○条○丁目」に当たります。上掲画像はバス車窓ごしに撮ったものです。このあたりではバスを下車せず、車中から可能な範囲で眺めました。「中沼幹」を目視したのは、この後バスが「中沼西○条○丁目」に入ってからです。

 中央バス[ビ61]丘珠線の終点「中沼小学校通」で下車しました。
中央バス「中沼小学校通」停留所
 ⑨の地点です。
 ここから⑩⑪⑫と歩き、⑨まで戻った後、⑧⑦⑥と歩いて⑥からまたバスに乗って帰りました。⑥~⑨は前述したとおり「中沼幹」でしたが、⑨~⑫はどうだったか。

 ⑩「中沼団地」停留所の近くです。
中沼会館
 町名は「中沼町」で、「中沼会館」という施設があります。

 上掲画像に赤い矢印を付けた先の電柱銘です。
中沼会館近くの電柱「沼の端」幹
 「沼の端幹」。

2020/02/24

電柱「中沼幹」の謎 ④

 2月21日ブログの続きです。
 札幌市中央区北3条東9丁目に所在する電柱「中沼幹」は、東区の中沼(町)に由来するのか。

 同日ブログに載せた現在図のとおり、本件電柱と東区中沼(町)はかなり離れています(直線距離で約9㎞)。
現在図 電柱「中沼幹」 中沼方面バス路線、中沼町
 バス路線が近くを通じているという事象が“悩ましい”ところです(赤いが本件電柱、赤い太実線がバス路線、赤いが中沼町)。

 ここで気になったことがあります。東区中沼(町)では電柱銘がどうなっているでしょうか。もの好きにも、確かめてきました。
現在図 東区モエレ沼周辺 中央バス「丘珠線」沿線
 上掲現在図の赤いで囲ったのが「中沼町」です。その区域は、三日月形の河跡湖「モエレ沼」の外周に広がっています(一部市街化区域は「中沼○条○丁目」、「中沼西○条○丁目」)。赤い太実線でなぞったのが、市中心部からの中央バス[ビ61]丘珠線です。関係するバス停を①から⑫まで示します。
 ①中沼通 ②丘珠中学校 ③丘珠高校 ④丘珠鉄工団地 ⑤モエレ団地 ⑥モエレ沼公園西口 ⑦中野中央 ⑧中沼小学校 ⑨中沼小学校通(終点)
 ①~⑨のうち、①~④までは「丘珠町」(一部「北丘珠○条○丁目」)に属しますが、①は「中沼通」という停留所名なので載せました。
 モエレ沼の東側、⑩~⑫は「丘珠線」の路線ではありませんが、中沼町(一部は中沼○条○丁目)の区域にあり、停留所名も関連しますので、以下記します。
 ⑩中沼団地 ⑪沼の端 ⑫中沼中央 
 
 結論的にいうと、⑥から⑨にかけての沿線の電柱で「中沼幹」を確認しました。
中央バス「丘珠線」 停留所「中野中央」近くの電柱「中沼幹」
 前掲画像は、⑦の「中野中央」停近くの電柱です(赤い矢印の先)。
中央バス「丘珠線」 停留所「中野中央」近くの電柱「中沼幹」 拡大

 下掲は⑧「中沼小学校」停近くの電柱です(黄色の矢印の先)。
中央バス「丘珠線」 停留所「中沼小学校」近くの電柱「中沼幹」
 やはり「中沼幹」。
中央バス「丘珠線」 停留所「中沼小学校」近くの電柱「中沼幹」拡大
 この場所までは、冒頭現在図の左下(南西)、黄色のを付けた中央バス[ビ61]丘珠線の始点「サッポロビール博物館」から乗ってきました。路線バスで来ると、「遠路はるばる」感がふつふつ湧きます。

 中央区北3条東9丁目の「中沼幹」が位置するのは、バスの始点からやや南です(冒頭現在図の赤いの位置)。
市道東9丁目南線 電柱 中沼幹 再掲
 前述したように、約9㎞離れています。「北幹」とか「東幹」といった普通名詞的名称ならともかく、固有名詞的に同じ「中沼幹」をかくも離れた僻遠の地で目にして、奇妙な感覚にとらわれました。これは実際に現地を移動した者ならではの感覚かもしれません。しかし、僻遠というのは中沼の人に失礼ですね。こちらにあるのは至極まっとうなのですから。

2020/02/21

電柱「中沼幹」の謎 ③

 昨日ブログで、電柱「中沼幹」の近くから中沼方面へのバス路線が通じていることをお伝えしました。これは、「中沼幹」の由来として考えられる二つのうちの②「東区の地名『中沼(町)』とつながっていた」ことを示唆するものです。②について、検討します。
 
 位置関係を現在図で再確認します。
現在図 電柱「中沼幹」 中沼方面バス路線、中沼町
 赤い:電柱「中沼幹」の位置、黄色の:中沼方面のバス路線の発着点、赤い:東区中沼町、赤い太実線:中沼方面のバス路線(中央バス[ビ61]丘珠線)、黄色の矢印:「中沼通」バス停

 電柱とバスの発着点は、直線距離で600m弱です。近いといえば近い。加えて、上掲図で察せられるとおり、赤いや黄色のの地点からは、東区の中沼方面に向かって直線的に道路が通じています。札幌の中心部の碁盤目街区とは異なる向きの道路です。実は、この現在図を見たときから「なんとなく」「感覚的」に、本件電柱と東区中沼(町)のつながりを受け止めてはいました。ただ、それにしても、です。2月13日ブログで記したように、本件電柱の周辺には「中沼」が見当たりません。本件のみが、陸の孤島的に「中沼」です。

 もう少しウロウロしてみます。そもそも東区の「中沼」の由来です。
 モエレ沼を囲む地域で、東側一帯の大地主中野に由来する字地名「中野」と、その西側にあった「沼の端」の字地名から、昭和30年(1995)に両者の頭文字から名付けられた(行政地名は同47年設定)(関秀志編『札幌の地名がわかる本』2018年、p.53)。
 中野・沼の端住民双方の協議の結果、昭和二十四年(一九四九年)三月に中野小学校は中沼小学校と改称、さらに同年四月篠路村字中沼という地名が生まれた(『東区今昔3 東区拓殖史』1983年、p.249)。

 古い地図を当たります。
昭文社エアリアマップ札幌市1973年 東区中沼方面
 昭文社「エアリアマップ 札幌市」1973(昭和48)年の「札幌市街図」からの引用です(原図彩色をモノクロに加工)。本図を用いたのは、「中沼」の行政地名が設けられた年代に近いことと、バス路線が描かれているからです。札幌の中心部から中沼方面への路線を黄色の実線でなぞりました。黄色の矢印を付けた先に停留所名「中沼通」が書かれ、さらに欄外に「至中沼小学校」とあります。 「中沼通」停の位置は今と同じですが、路線は変わっています。かつては東区の中心部も、道道花畔札幌線(ナナメ通り)をバスが走っていました。現在は、その後に整備された市道の幹線道路を通っています。
 本件電柱「中沼幹」の位置は赤いです。その地点からみると、かつてのバス路線は今よりも離れてました。

2020/02/20

電柱「中沼幹」の謎 ②

 2月13日ブログの続きです。
 周辺の電柱銘と較べて「中沼幹」が特異であることは前回のブログでお察しいただけたかと想います。電電公社時代のマークからしても、本件のみ“生きた化石”的に遺ったような気配です。「中沼」の由来としては、次の二つが考えられます。
 ①本件の近くに、「中沼」を冠する地名あるいは施設があった。
 ②東区の地名「中沼(町)」とつながっていた。

 ①から検討します。本件電柱の所在地は札幌市中央区北3条東9丁目、札幌厚生病院の敷地の南東角地先です。
 「最新調査札幌明細案内図」1928(昭和3)年から、本件所在地あたりを抜粋しました。
昭和3年最新調査札幌明細案内図 北3東9あたり
 現在の札幌厚生病院は、上掲図の「伊藤組木工場」にほぼ当てはまります。赤いで囲ったところです。その南東部は細かく地割されていますが、「中沼」というような名前は見当たりません。

 次に、「札幌全市案内」1957(昭和32)年です。
札幌全市案内 昭和32年 伊藤組木材㈱周辺
 赤いで囲った「伊藤組木材株式会社札幌工場」の周辺を観ましたが、やはり「中沼」は見つかりません。

 「札幌市全戸別明細図 大通以北版」1965(昭和40)年です。
札幌市全戸別明細図 昭和40年 伊藤組木材周辺
 赤いで囲ったのが「伊藤組木材札幌工場」、赤い矢印を付けた先が本件電柱の所在地に当たります。この角地に「中村商店」とあります。ナカムラ、ナカヌマ、惜しい。しかし、個人商店の名前を電柱銘に冠するのは、ほかに何もなさそうな一帯でない限り、考えづらいですね。
 どうも、①の線は薄いようです。

 先日この地を歩いたとき、電柱の立つ通りを北上して帰途に就きました。
市道東9丁目南線 北望
 この通りは市道「東9丁目南線」といいます(2月13日ブログ参照)。赤い矢印を付けた先が本件電柱「中沼幹」です。

 「東9丁目踏切」を渡って、東区に通じます。
東9丁目踏切
 余談ながら、この踏切は札幌の中心部に遺る唯一の物件です。

 踏切を渡ると、ほどなく大型商業施設に至ります。
北7東9 アリオ
 ここからバスに乗って帰ろうとしたのです。

 ここで、思いがけなくもというべきか、「中沼」という名前を見かけました。
「中沼小学校通」行きバス
 バス停に待機していた1台のバスです。
「中沼小学校通」行きバス 拡大
 「中沼小学校通」と表示されています。
「中沼小学校通」行きバス停
 中沼方面へのバスの発着点がここにもあることを知りました。

2020/02/19

「東8丁目アンダーパス」地下歩道出入口 再考

 2月15日ブログに載せた「東8丁目アンダーパス」の地下歩道出入口です。
東8丁目・篠路通アンダーパス 歩道出入口
 2月16日ブログで私は、アンダーパスが1971(昭和46)年に竣功したことを記しました。アンダーパスの上を通るJR函館線とはもともと踏切で交差していましたが、1972年の札幌オリンピック開催に向けて渋滞を解消するために立体交差化されたものです。この通りを北へ進むとオリンピックの美香保会場、南は豊平川通に通じて真駒内会場につながります。
 その後1988(昭和63)年、JR函館線が高架化され、鉄路が北側に移動しました。前掲画像の後背に写るコンクリートの壁は移設後の鉄路です。鉄路は、このあたりから札幌駅方面(画像右方)に向かって上り勾配になります。
 前掲地下歩道出入口について、2月16日ブログで「私には鉄路移設前のものがそのまま残されたように見えます」と述べました。つまり1971年当時のものであろうと観たのです。それで、本件出入口を札幌五輪の“時代の息吹”と評しました。
 
 はたして本当にそうなのか。あらためて検証してみます。検証といっても、道路管理者に訊けばわかるのでしょうが、その勇気がありません。「東8丁目アンダーパスの現在の地下歩道出入口は、いつできたのでしょうか?」 いたって簡単な質問ではありますが、これが難しい。尋ねたときの相手方の反応を忖度してしまうからです。訊かれた相手はおそらく、即答できることではありますまい。調べるのに時間を要するかもしれません。それはそれとして、私がもし尋ねられた相手方なら「なぜ、そんなことを知りたいのか?」と逆に訝しむでしょう。私の経験則からして、その可能性が極めて高い。相手方に本来の仕事の合間をぬって時間を割いてもらうためには、この反問に対する答え、すなわち質問の相応な動機を用意しなけれなりません。否、用意しなければと慮ってしまうのです。そう慮ると、アドレナリンが分泌されます。質問はシンプルですが、動機は一筋縄ではいきません。「いや、とにかく知りたいのです」と言うことも選択肢としてはありますが、そう答えたときの相手の反応、というかその場の空気に堪えねばなりません。その空気がこれまた、堪えがたい。とまれ、道路管理者に直接問い合わせることは差し当たってせず、回り道をします。

 JR線移設後の2008年(平成20)年空中写真を、現在図と重ね合せてみます。
空中写真2008年×現在図レイヤー 東8丁目アンダーパス
 地下歩道出入口は黄色の矢印を付けた先です。

 JR線移設前の1976(昭和51)年空中写真の現在図との重ね合せです。
空中写真1976年×現在図レイヤー 東8丁目アンダーパス
 現在の出入口は黄色の矢印を付けた先のあたりですが、何も見えません。一方、現在図で描かれている鉄路のあたりに、出入口らしい構造物が窺われます。

 鉄路移設工事が進行中の1985(昭和60)年空中写真を、同じく現在図との重ね合せました。
空中写真1985年×現在図レイヤー 東8丁目アンダーパス
 工事中の鉄路のあたりに、やはり構造物が見えます。前掲1976年写真と同じモノのようです。現在の出入口の場所は前掲同様、黄色の矢印を付けた先で、ここにも何やら構造物ができつつあります。

 この3枚を顧みると、現在の歩道出入口は1988年の鉄路移設後に新たに設けられたとみるほうが自然です。

2020/02/16

地下歩道と歩道橋の思想

 昨日ブログ末尾からの続きです。
 東8丁目アンダーパスと北海道熱供給公社の煙突の共通点。どちらも1971(昭和46)年、札幌オリンピックの関連公共事業として竣功しました。

 空中写真で本件アンダーパスを俯瞰します。
 1976(昭和51)年(地理院サイトから)。 
1976年 東8丁目アンダーパス
 黄色の○で囲ったのが地下歩道の出入口です。

 2008(平成20)年(同上)。
2008年 東8丁目アンダーパス
 高架化のため、鉄路が北側に移りました。
 出入口の屋根が1976年時よりも短くなっていますが、私には鉄路移設前のものがそのまま残されたように見えます。

 さて、1971年の作品といえば、こちらもそうです。
菊水歩道橋 俯瞰
 通称菊水の円形歩道橋。

 この歩道橋のことは、先に「なぜ六差路ができたか?」という視点で鑑みました(末注)。ただし、オリンピックの産物だということまでは及びませんでした。歩道橋が架けられた道道札幌夕張線も、オリンピック関連で整備された道路です。当時から札幌で生きてこられた方はご存じでしょうが、私には妙な合点がいきました。五輪という公約数で、東8丁目地下歩道出入口のフォルムと相通じる“時代の息吹”のようなものを感じてしまったのです。陳腐な括り方をするならば、“近未来”でしょうか。天空高く聳えた熱供給公社の煙突もしかり。

 時代の息吹といえば、この造形も近く姿を消しそうです。
北海道厚生年金会館 ディテール1
 こちらも1971年竣工。
 2018.10.8ブログで「1970年代前半、つまり札幌の政令指定都市移行、冬季オリンピック開催という時代の空気を表していたかにも見えます」と記しましたが、「時代の空気」も何も、これまた五輪関連そのものでした。
  
 注:2019.2.52.172.182.202.222.273.2ブログ参照

2020/02/15

東8丁目アンダーパス

 地下歩道出入口です。
東8丁目・篠路通アンダーパス 歩道出入口
 かなり古そうですが、なかなか凝ったデザインだなと感じました。
 
 調べものをしていて、この出入口のある東8丁目アンダーパスと昨日ブログに載せたアベサダ化煙突の共通点を知りました。
 アンダーパスの所在地は札幌市中央区北4条東7丁目~東区北5条東7、8丁目です。JRの線路の下をくぐっています。都市計画道路名は「東8丁目・篠路通」。アベサダ化煙突は東区北7条東2丁目にあります。すぐ近くです。
 共通点というのは…。

2020/02/14

5年ぶりのアベサダ

 北7条西6丁目の仲通りから東を眺めた画像です。
北7西6 はこぶね保育園南から、東望
 といっても、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、最近撮ったものではありません。撮影日を確かめたら、ちょうど5年前、2015年2月14日でした。デジカメは便利です。

 この画像を撮ったのはほかでもありません。
北7西6仲通りから東望 熱供給公社の煙突
 仲通りのアイストップに北海道熱供給公社の煙突が見えたからです。
 画像を撮った2015年2月まで、不覚にもそのことに気づいてませんでした。この仲通りは40年ほど前、ウンザリするくらい歩いていたのですが。手前の左右に高層ビルが林立したことで、額縁効果的に見えるようになったのかもしれません。とまれ、「こんなふうに見えるんだな~」と妙な感慨を抱きました。

 先月下旬、この煙突の近くを通りかかって撮った画像です。
熱供給公社の煙突 アベサダ化
 アベサダ化していることに、これまた不覚にも初めて気づきました。これは、南側から北を眺めたものです。西側からは、隣の新しい社屋が遮って、もはや望めないでしょう。

 本件は札幌における近来最大のアベサダ事象かもしれません。いま「アベサダ」と繰り返し打って、その話題をブログに記したのがやはり5年前の今頃であることにも気づきました(2015.1.302015.2.26ブログ参照)。つまり、前掲の仲通りから垣間見えた勃起、もとい屹立の画像は、5年後のアベサダ化を予感しての撮影だったのでしょうか。

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。
逍遥する時空:札幌、歴史、地形図、地理、地誌、地名、地形、地質、軟石、石蔵、硬石、採掘場、煉瓦、サイロ、腰折れ屋根、地神碑、墓地、旧河道、暗渠、メム、古道、微地形、高低差、クランク、境界、橋、歩道橋、電柱、バス停、踏切、古レール、神社の玉垣、小祠、二宮金次郎、戦跡、古い樹、河川網図、都市計画図、住宅地図……

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

管理画面

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック