FC2ブログ

札幌時空逍遥

札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。

2018/08/14

滝川・明神町の軟石建物

 滝川の市街で見かけた軟石物件です。
滝川 国道38号沿い Ⅰさん宅軟石倉庫②
 市内明神町、国道38号沿いで確認しました。

 開口部は見たところ、建物外壁の長辺面に一箇所のみです。
 滝川 国道38号沿い Ⅰさん宅軟石倉庫①
 建物の短辺面に楣らしきコンクリート材があり、開口部の痕跡を窺わせますが、塞がれています。 

 開口部のある壁面の左右両端に、ほぞ穴のような凹みが残っています。たぶんこの面に隣接して主屋があったのでしょう。商家に付設された蔵の気配です。屋根は波形鉄板の陸屋根ですが、たぶん元は切妻だったのではないかと想像します。軒のコンクリートも、後からの造作か。
 
 軟石の表面はツルメ仕上げです。表面を見たかぎり、札幌軟石と同じような溶結凝灰岩のようなので、私は冒頭から軟石と記しています。が、札幌軟石か。
 現在、本件の周囲は駐車場になっていて、所有者とおぼしき連絡先が看板に書かれていたので問合せてみました。お尋ねしたのは、「いつ建てられ、どのような用途で使われたか?」です。
 持ち主のⅠさんによると、建てられたのは先々代の頃だと思うが、すでに先々代も先代も死去しており、建築年代は判らないとのことでした。電機関係の商売をしていて、その倉庫として使われていたそうです。Ⅰさん曰く「(建てられたのは)そんなに古くはないと思うのですが」ということですが、Ⅰさんが言う「そんなに古くはない」というのは昭和戦後期と察せられました(末注)。
 
 軟石の出自までは及びません。札幌軟石と比べて、「決定的に違う」という様相は見受けられません。滝川という地理的環境からすると、美瑛軟石という可能性があります。私は札幌以外の道内産軟石に疎いので、仮に札幌軟石ではないとしても「ではどこの軟石か」までは見極められません。ここは道内軟石コレクターのSさんに鑑別していただきたいところです。

 注:国土地理院サイトで空中写真を追ってみたが、最も古い1948年米軍撮影には写っていないようである。
スポンサーサイト

2018/08/13

滝川の珍景逍遙

 滝川市の美術自然史館の近くにある建物です。
滝川 元航空科学館 近景
 一見したところ、物置のような状態になっています。
 おぼろげに記憶するところ、二十数年前に来たときは公開施設だったようです。たしか航空関係の集客施設だったような気がします。てっぺんに飛行機の模型が乗っかっています。

 私は、宇宙船が地球に着水帰還するときのカプセルを想起しました。
滝川 元航空科学館 全景
 屋根が赤錆びているのも、大気圏に突入して高熱を受けた表現か。
 ということではなく、これは風雨にさらされて老朽化し、修繕されていないせいでしょう。

 帰宅して手元の資料を見返したら、本件は1983(昭和58)年にオープンした「航空科学館」でした(末注)。いつから物置化したかは判りませんが、石狩川の河原の滑空場にその後作られた「スカイミュージアム」に機能が移転したのでしょう。

 その滑空場です。
滝川 滑空場 2003年
 2003年、中学時代からの友人のM君がグライダーに乗りに来たときに撮りました。滝川はグライダーのメッカで、全国から愛好者が集うそうです。小型飛行機の免許を持つM君もその一人で、当時私はM君が操縦する機に同乗を誘われたのですが、辞退しました。時空逍遥といいながら、実際の空を逍遥するのはちょっと勇気がなかったのです。

 滑空場とは関係ありませんが、市役所の近くのお寺です。
滝川 光曉寺 なんちゃって伊東忠太
 なんちゃって伊東忠太。築地と同じお西さんの寺らしい。

 いろいろユニークな見どころのある滝川です。

注:『滝川市市勢要覧 滝川未来への飛翔 空へ』1991年、p.31、中空知広域市町村組合『なかそらち観光通信 BIG SKY PRESS』1990年、p.16 

2018/08/12

滝川 中川かなもの 今昔

 お盆恒例で空知管内奈井江町にある妻の実家に墓参に行ってきました。帰途(といっても反対方向ですが)、滝川に寄り道し、同市美術自然史館で開催されている「高畑利宜のイシカリ探検とアイヌ美術の世界」展を観覧しました。明治初期に高畑が調べて遺した石狩川流域の古地図など貴重な史料については別に譲るとして、時空逍遥した市街のことを綴ります。

 目抜き通りにある「中川かなもの」です。
滝川 中川かなもの
 シャッターが下りていて、営業している気配がありません。

 本年4月5日、破産開始決定されたという貼り紙が貼られています。
滝川 中川かなもの 破産貼り紙
 滝川といえば中川かなものだったのですが。

 往時の写真を載せて、在りし日を偲びます。
滝川 中川かなもの 2003年
滝川 中川かなもの 1991年
 上は2003年、下は1991年撮影です。
 東芝の看板が掲げられていましたが、いまはもう白物家電を作っていないでしたっけ。
 この建物は1890(明治23)年、今井呉服店の滝川支店として建てられました(末注①)。同時期の札幌の丸井さんの面影をとどめています。

https://www2.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/contents/photo/l/0B003260000000000.jpg

 1890年というのは滝川のエポックメーキングの年だったようで、屯田兵が入植し、「上川道路」(現国道12号)の岩見沢-旭川間が開通しています(末注②)。

 アルバムをめくっていたら、向かいの建物の古写真も出てきました。
たくぎん滝川支店 1991年
 同じく1991年の撮影です。

 こちらは今、こうなっています。
北洋銀行 滝川支店
 新旧を比べると、1991年当時は屋上部にパラペットやらペントハウスのようなものが見えましたが、現在はありません。取り除かれたこれらが創建時からのものだったかどうかは知りませんが、現在のプロポーションに不自然さを感じてしまいました。それにしても、コリントオーダーの柱型が立派ですね。立派といえば右方の高層ビルは市役所で、これは旧い写真ではまだ建っていません。 

 注①:『旭川と道北の建築探訪』2000年、p.97
 注②:『新北海道史年表』1989年、p.284

2018/08/11

開発局の豊平川洪水浸水想定区域図

 6月に豊平川水防にちなむパネル展示がチカホで開催されていたのを観覧しました。開発局の展示です。
石狩川水系 豊平川洪水浸水想定区域図 パネル
 「石狩川水系 豊平川洪水浸水想定区域図」というパネルが印象に残っていましたところ、開発局ウエブサイトで見ることができます。

https://www.hkd.mlit.go.jp/sp/kasen_keikaku/gburoi00000081m0-att/gburoi00000081p9.pdf

 簡単にいうと、大雨で豊平川が氾濫したとき、どの場所がどの程度浸水するかを予測したものです。豊平川沿いといっても、場所によって浸水の影響が異なることが示されています。おそらく地形的な違いが要因になっているのではないかと思います。
 中央区は市街地の約半分が浸水し、鴨々川から創成川の流域から東側の浸水深が深くなっています。これはまあ予想できたのですが、興味深いのはコトニ川(2016.9.23ブログ参照)のほうに浸水域が広がっていることです。JR桑園駅の南側は浸水深が深い。ここはかつてコトニ川につながる池があったところです。近くの桑園博士町にお住まいのT先生は子どものころ、トンギョを捕って遊んだとおっしゃっていました。土地の記憶はあだやおろそかにできません。
 浸水の色が塗られているところもつぶさに見ると、まだら状です。どれくらいの精度に基づくのかは判りませんが、たとえば東本願寺や道庁のところは色が塗られていません。もしかしたら微高地だからでしょうか。旧河道と重ね合せると相関関係が見えるかもしれません。東区方面も想像の甲斐がありそうです。 

 開発局では「豊平川の氾濫シミュレーション-豊平川の堤防が決壊したら-」という動画も載せています。

https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/ki/kouhou/splaat000000hkd.html

2018/08/10

厚別歴史散歩 小野幌編 募集開始

 かねて拙ブログでもお知らせしてきました2018年「厚別歴史散歩」小野幌編、本日から募集です。
厚別歴史散歩2018チラシ
 掲載画像が見づらい方は、下記サイトをご覧ください。
 ↓
札幌市厚別区サイト「厚別歴史散歩~小野幌編~」
「厚別歴史散歩 小野幌編」案内チラシ

 申込先は下記札幌市コールセンターです。

札幌市コールセンター「厚別歴史散歩【小野幌編】」申込受付フォーム

 関連して、「道新青葉中央販売所だより」に連載している「厚別ブラ歩き」第11回もウエブ上で公開されています。こちらでも小野幌地区を取り上げました。ご覧いただければ幸いです。

「道新青葉中央販売所だより」連載「厚別ブラ歩き」

2018/08/09

石山通りの幅員減少現象 再考

 本日8月9日の北海道新聞夕刊に、清田区に住む89歳の女性の投稿記事が載っていました。第2面の「陽だまり」という欄で、「平和が続きますよう」という題です。興味を惹かれた箇所があったので、以下一部を引用します。
 昭和16年に女学校に入学し、20年に卒業した私は、ほとんど勉強していない。先日、修学日誌が出てきて懐かしく見てみたが、今の時代は幸せだとしみじみ思う。
 卒業後も学校の指示でいろんな職場へ行き、私は監視隊本部に勤めた。8月15日、24時間勤務を終えて帰る途中だった。石山通り沿いで道路拡張のために、民家を取り壊していた。終戦をまだ知らなかったのだろう。


 興味を惹かれたのは、最後の3行です。私はこれを「建物疎開」のことをいっているのではないかと思います。
 前に拙ブログで西11丁目、石山通りが南6条で道路幅員を狭めていることについて記しました。
 ↓
 2017.4.2 「石山通り、南6条での幅員減少」
 2017.4.3 「石山通り、南6条での幅員減少②」
 2017.4.4 「石山通り、南6条での幅員減少③」

 私はこの幅員減少の理由を、戦時中に北から南6条まで建物疎開してきたところ、「南6条以南も疎開するつもりが、1945年8月15日をもってタイムオーバーだったか」と推察しました。
石山通り 南6条西10丁目

 前述の記事でいう民家の取壊しが建物疎開だったかどうか、ただちには断定できません。しかし、終戦を知らずに道路を拡張していた、というならば疎開のためであったと私には想えます。それが1945(昭和20)年8月15日もまだ続けられていたということは、その後中断したであろうことも窺われます。

 「石山通り沿いで道路拡張のために、民家を取り壊していた。終戦をまだ知らなかったのだろう」という記述は、もしかしたら何気なく読み過ごされてしまうかもしれません。「なぜ、民家を取り壊していたか?」「どうして、『終戦をまだ知らなかったのだろう』と作者は思ったか?」を問うことで、想像力を掻き立てる好材ともいえましょう。貴重な証言だと思いました。このほかにも、この方が勤務していたという「監視隊」がどんなことをしていたかなど、できれば直接お話をお聴きしてみたいものです。

2018/08/08

「地域のお宝」アンケートを楽しむ ⑥

 昨日ブログの続きです。
 問1 自分の身近なお宝=「大切なもの」や「失いたくないもの」「なくなっては寂しいもの」はどんなものですか? お宝だと思うポイントについても記入してください。(自由記述)

 どんなものですか?(名称など): 札幌軟石のある風景
 お宝だと思うポイント(選出の理由など): 札幌ならではの歴史文化を物語る代表的なものだから
 
 
 理由を詳しく述べるならば、昨日ブログに記したことをそのまま当てはめます。
 アンケート用紙には三つまで記入欄がありますので、あと二つ挙げるつもりです。札幌の歴史文化に造詣の深い拙ブログ読者におかれても、僭越ながら応募をお誘い申し上げます。

 札幌市では、このアンケートと並行して「札幌の歴史文化を知り・調べ・考える れきぶんワークショップ」への参加も呼びかけられています。
札幌市 れきぶんワークショップ 募集チラシ
 画像が見づらい方は札幌市サイト「歴史的資産活用推進事業(札幌市歴史文化基本構想策定)」掲載のチラシをご参照ください。

 このチラシによると、「れきぶんワークショップ」は次の三つの内容です。
 第1回 札幌の歴史文化について学び、地域に眠るお宝を出し合おう
 現地調査 地域の歴史文化について深く知ろう
 第2回 文化財のつながりを見出し、魅力的なストーリーをつくろう

 うーん。これって、札幌建築鑑賞会で27年間やってきたことではないか。
 いまや、こういうことを“お上”が音頭を取ってやる時代なのですね。言い換えれば、私どもが四半世紀あまりにわたってやってきたことが、世の中にはまだまだ沁み透っていないということでしょうか。7月末に篠路で催された会議での空気を察するにつけても、そうかもしれません(8月1日ブログ参照)。

 と記しながら、私と「れきぶんワークショップ」との間には決定的な違いがあることにも気づきました。「れきぶんワークショップ」は、しかとした目的があります。「市内の歴史的な文化財を保存し、観光や教育などの分野でも活用しながら、魅力あるまちづくりを目指す」ことです(同市サイト)。この目的自体は、もちろん私は大いに賛成です。しかし、私自身の札幌時空逍遥にはこのような大義名分はありません。何のために時空逍遥しているかと問われてあえて答えるなら、「好きだから」とか「面白いから」「楽しいから」になりそうです。年々オタク道を精進するにつれてか、「保存」とか「活用」とか「まちづくり」という概念を上位に置くことを、邪念ととらえてしまいます。

 ただし、札幌建築鑑賞会は多くの人の集合体であり、集う人びとがそれぞれに目的をもっていると思います。最大公約数的にくくると、前述の「れきぶんワークショップ」の目的や方法や内容とも重なり合うでしょう。昨日のブログで「札幌の歴史文化を物語る上でイメージする代表的なもの」の五つ目に烏滸がましくも「札幌建築鑑賞会の活動」と答えた訳もここにあります。お役所が税金を使ってこれからやろうとしていることを、市民が手弁当でやってきたという自意識です。
 
 余談ながら、「れきぶんワークショップ」の「れきぶん」というのは「歴史文化」のことですか。どうも私は隠語めいたコトバが好きになれんです。好みの問題で、どうでもいいことですが。
 

2018/08/07

「地域のお宝」アンケートを楽しむ ⑤

 昨日ブログの続きです。
 「札幌の歴史文化を物語る上でイメージする代表的なもの」、他の四つの理由はできるだけ簡単に述べます。
 
 23.その他(近郊農村の人びとのなりわい・くらし) 
札幌は中心部(本府)と周辺部(衛星農村)で成り立ってきた。中心部の人びとのなりわいやくらしを支えてきた自然的条件が「札幌扇状地」だとするならば、近郊農村は社会的条件といえるだろうる。屯田兵、団体移民、個人などさまざまな契機で入植した人びとが土地を切り開き、産物を作り出して供給した。
  
 7.札幌軟石
 マニアの私としては外すわけにはいかない。個別のキーワードを軸として札幌の「歴史文化」を語ることができる。耐火・断熱性の高い石材によって積雪寒冷の風土に適う建造物が可能となり、産業の文字どおり礎となった。地域的な個性を持った材質であり、サイロや腰折れ屋根の倉庫などの形状とともに、特徴的な景観をもたらしている。現代的な再利用に供されて新たな価値も付加された軟石建物も少なくない。軟石の採掘場跡は公園として整備され、市民や観光客の憩いの場となっている。軟石の運搬(馬車鉄道、石山通)は札幌の都市基盤を形作った。軟石は現在も生産され、新たな商品も開発されている。
 
 23.その他(戦争の記憶)
 いわゆる“負の遺産”は脚光を浴びづらいので、あえて取り上げる。特に札幌の場合、内地の大都市や重工業都市のような大規模な攻撃を受けなかったこともあり、戦争との関わりが一見稀薄である。しかし、実は札幌は全国有数の軍事都市だった。戦争は太平洋戦争開戦から敗戦に限られるのではなく、その前史から見ていく必要がある。また、“戦後”も米軍の占領などを経て痕跡が残った。 

 23.その他(札幌建築鑑賞会の活動) 
 1991(平成3)年発足の市民活動も、もはや歴史の一部である。

2018/08/06

「地域のお宝」アンケートを楽しむ ④

 昨日ブログの続きです。
 問2 札幌の歴史文化を物語る上でイメージする代表的なものは何ですか。あてはまる番号に5つまで○をつけてください。
 私は「『代表的な』という修辞は無視して答えます」と記しましたが、必ずしも無視するわけではなく、正確にいうと「私が『代表的』と考える」と解釈したものです。昨日選んだその五つについて、理由を述べます。 

 23.その他(札幌扇状地)
 札幌の中心部の「歴史文化」は文字どおり、この地形の上に成り立っている。人びとのなりわい・くらしとの関わりは密接である。そもそも札幌が北海道の中心地に選ばれた一つがこの地形にあったともいえる。扇状地の北端(扇端)の伏流水、湧水という「水の利」が開拓使以降の産業の基盤となった。幕末期、用水が開かれたのも、扇状地を網流した川からである。その用水が明治期札幌本府の基軸となった。遡れば、縄文、続縄文、擦文、アイヌ文化のよりどころは網流の名残である小河川だった。明治以降、都市形成の初期においては上下水の役割を果たした。湧水(メム)は庭園などに取り込まれ、くらしに文字どおりうるおいをもたらしている(偕楽園、植物園、知事公館、伊藤氏宅など)。網流地形の痕跡ともいえる中島は公園として整備され、市民の行楽、文化発信の場となった。扇央部の水はけのよい一帯(平岸面も含む)では果樹栽培が試みられ、北国風土に根ざした農業を先駆けた。一方、扇状地とは言い換えれば洪水氾濫の地形であり、近年に至るまで市民生活にとって脅威でもある。

 選択肢の2「開拓使」 4「アイヌ文化」 9「りんご栽培」 11「遺跡」 18「ビール」 19「産業・農業」 20「水」 21「 豊平川」 22「創成川」は「札幌扇状地」というキーワードに集約されると私は思いました。逆に、選択肢として挙げられている個々のコトバでは、それこそ「代表的」には語り尽くせないのです。あえていえば「豊平川」かもしれませんが、河川改修された現在の風景を私はイメージしてしまいます。「遺跡」「産業」「水」では、どうも漠然としています。
 2、4、9…はいわば個々の「点」「線」です。個々のキーワードを軸にして札幌を語るということも考えられましょうが、それらをつないで形作られた「面」=札幌扇状地をもって「歴史文化」を「代表的」に語らせることができると考えました。

 答えた五つのうちの最初の一つでこんなに長くなってしまいましたので、とりあえずやめます。

2018/08/05

「地域のお宝」アンケートを楽しむ ③

 「次の世代に残したい 地域のお宝 教えてください」アンケートの「問1」は「自分の身近なお宝=『大切なもの』や『失いたくないもの』『なくなっては寂しいもの』はどんなものですか?お宝だと思うポイントについても記入してください(自由記述)」です。

 昨日ブログで記したように、問2は「札幌の歴史文化を物語る上でイメージする代表的なもの」を所与の選択肢から選ぶのに対し、問1は「自分」が「身近なお宝」だと思うものを自由記述で求めています。後者は将来にわたる保存活用の価値を認めるものを問うことから、現存するものを前提としているといえましょう。対象は「建物や碑など、形があるもの、地域に伝わるお話や風景、行事などの形が無いもの、なんでも構いません」。これは、「有形・無形・動産・不動産を問わず、あらゆる種類の歴史的な価値のあるものを『文化財』として捉え」るという構想に由ります(札幌市サイト「歴史的資産活用推進事業(札幌市歴史文化基本構想策定)」参照)。
 「歴史的な価値」とはどういうことでしょうか。私は、過去から現在を伝えるとともに未来を指し示すような価値、と解釈します。問2でいう「札幌の歴史文化」というのも、過去から現在を伝えるのみならず未来にわたる価値を包含しているものととらえたいと思います(末注)。

 さて、それではいよいよアンケートに私はどう答えましょうか。順番が逆ですが、問2からいきます(そのほうが考えやすいので)。
 問2「札幌の歴史文化を物語る上でイメージする代表的なもの」(5つまで)
 23.その他(札幌扇状地)
 23.その他(近郊農村の人びとのなりわい・くらし)
 7.札幌軟石
 23.その他(戦争の記憶)
 23.その他(札幌建築鑑賞会の活動)


 昨日ブログで申しましたように、「代表的な」という修辞は無視して答えます。 

 注:私は本件アンケートでいう「歴史文化」という四文字漢語に耳馴れず、「歴史的な文化」というくらいの意味に解していたが、「歴史・文化」ということらしい(文化庁サイト「「歴史文化基本構想」について」参照)。

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

keystonesapporo

Author:keystonesapporo
1991年から札幌建築鑑賞会を続けてきました。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

閲覧者数(2015.9.4からカウント)

検索フォーム

ランキング

↑ クリックすると、ランキングが見れます。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック